よくある質問と答えよくある質問と答え

お問い合わせがあった場合は随時こちらに追加いたします。

国際交流とは?

国際交流(こくさいこうりゅう)には、さまざまな次元のものがある。先ず留学、企業単位や政府の招聘レベルでの技術研修、これは企業の枠内のものから、工業、農林水産業、医療看護などに至るまで活発に行われている。学者や文化人の招聘・派遣もある。近年は、技術研修生、あるいは留学生と銘打って入国し、あとは不法出稼ぎ労働者になってしまう例も少なくない。これには定員割れで学校経営が先行かなくなっている地方の大学、短大にもかなりの責任がある。こちらから出て行くものとしては、日本青年海外協力隊やスポーツ団体派遣のスポーツ指導者などは一般によく知られている。 また都道府県単位で、国際交流センターなどを都道府県庁所在地に設けている例も多い。都市部の自治体では「○○市国際交流協会」といった外郭団体が多く存在する。

また、民間レベルでは、ユネスコ、ライオンズクラブなどの国際親善活動や短期留学の斡旋、NPO、NGOなどの諸団体の海外協力ボランティア、日本の文化、技術、スポーツ指導などでの日本語教師インターンなどの活動も最近は行われるようになってきた。


市民活動とは?

市民活動(しみんかつどう)とは、市民が自らの価値観、信念、関心に基づき、自分たちの生活とコミュニティの貢献を目的に、自発的に行う活動。


姉妹都市とは?

姉妹都市(しまいとし、英語Sister Cities)は市民の文化交流や親善を目的とする都市間の結びつき。友好都市(ゆうこうとし)・親善都市(しんぜんとし)とも言う。


連絡先はどこですか?

事務局は越谷市中央市民会館の5階にあります。


会員になるためには?

どなたでも会員になれます。


会費はいくらですか?

年会費はそれぞれ、法人:10,000円、団体:5,000円、個人:3,000円、学生:1,000円となっています。


会員のメリットはありますか?

協会の活動に参画でき、国際交流推進協力店・協力校の割引サービスが受けられます。


協会の組織構成は?

総務委員会、都市交流委員会、地域交流委員会、青少年交流委員会の4つで構成されています。


活動状況は?

越谷国際フェスティバル、外国人によるにほんご発表会、在住外国人とのおしゃべりサロン、など多くの活動が行われています。


今後の活動予定は?

本年度の活動予定を各委員会ごとにまとめてあります。


使節団派遣事業とは?

越谷市国際交流協会・越谷市・越谷市教育委員会の共催により、姉妹都市キャンベルタウン市(オーストラリア)へ青少年使節団を派遣しています。


今現在の募集はありますか?

協会では随時ボランティアスタッフを募集しています。また、事業やイベントにより様々な募集を行っています。


定期刊行物はありますか?

会報誌「越谷市国際交流協会だより」が年2回発行されています。


越谷市の国際化は?

越谷市は在住している外国人の方に中国語・韓国語・英語・ポルトガル語の「ごみカレンダー」や英語・フィリピン語版の広報紙「koshigayaメッセンジャー」、「英語版市民ガイドブック」、「英語版こしがやガイドマップ」などを提供して、市の情報をわかりやすく、見やすく提供しています。


姉妹都市キャンベルタウン市とは?

越谷市は、地球の反対側に位置する都市、つまり南半球で同じ位置にある都市との交流を考え、1981年にオーストラリア政府機関である豪日交流基金にオーストラリアの都市との交流を進めたい旨申し入れを行いました。

翌1982年4月同基金主催のシンポジウムに参加していたキャンベルタウン市を紹介され、その後、両市の市長等が相互に相手都市を訪問し友好を深め、姉妹都市提携に至りました。


個人情報保護方針は?

ホームページ編集委員会が管理部門として厳重に責任を持って取り扱っています。


ホームページのリンクは?

越谷市国際交流協会ホームページへのリンクは原則として自由ですが、リンクに関するご注意を必ずご一読ください。


問い合わせ先は?

事務局へ直接来ていただくか、電話またはFAX、ホームページにて受け付けております。


↑このページの先頭へ