姉妹都市の紹介姉妹都市の紹介

キャンベルタウン市の概要

キャンベルタウン市は、ニュー・サウス・ウェールズ州の州都シドニーから南西に53kmに位置し、昔はシドニーの穀倉地帯として、小麦栽培が盛んな田園都市でしたが、現在は都市化が進み、人口が急増しています。人口は約15万人、面積は312平方キロメートルで、豊かな緑に囲まれた美しい都市です。

また、産業部門、商業部門、住宅部門における潜在力が非常に大きく、シドニー近郊で最も注目されている都市です。

キャンベルタウン市は、1984年4月11日に越谷市と姉妹都市提携を結び、両市の協会が中心となり、毎年、青少年使節団等の相互派遣やスポーツ・文化交流等活発な交流を重ね、友好関係を深めています。

キャンベルタウン市の概要


キャンベルタウン市の歴史

1810年、マクォリー総督が、キャンベルタウン地方への移民を推奨し、この地位をエアーズ地区と名づけ、1811年までに107人の移民者が定住しました。1820年の終わり、マクォリー総督は、キャンベルタウンをこの地域の中心地として、そして、南方への旅人の宿場とする準備をはじめ、1820年12月1日、彼の妻の旧姓(Campbell)にちなんで、この地区をキャンベルタウンと名づけました。

この町の初期のころは小麦栽培が主要産業であり、シドニーの穀倉地帯として栄えました。オーストラリアの小麦産業の創始者として知られ、1837年に死亡したジェームズ・ルースは、キャンベルタウン共同墓地内に埋葬されています。

地方政治の歴史は、1843年8月17日に遡ります。この日、キャンベルタウン地区評議会がジョージ・ギップ総督の署名のもとに設立されました。そして、1882年1月21日に、キャンベルタウン町となり、その後、1948年8月にイングルバーン町と合併し、1968年5月3日にキャンベルタウン市が誕生しました。

キャンベルタウン市の歴史


キャンベルタウン市のお祭り

キャンベルタウン市では、毎年11月上旬に「フィッシャーズ・ゴースト・フェスティバル」という大きな市民まつりが開催されます。

このお祭りは、オーストラリアで有名なキャンベルタウンの幽霊伝説(レジェンド・オブ・フィッシャーズ・ゴースト)がもとになっています。

皆さんも、一度、このお祭りに参加して、フィッシャーの幽霊に会ってみてはいかがですか。

キャンベルタウン市のお祭り


キャンベルタウン市の地図


大きな地図で見る


↑このページの先頭へ